chordbook01

2009年01月08日

スケールを覚えればソロ(アドリブ)が弾ける?

質問への回答記事が続きますが、ザ・ギターコードに下のような質問を頂きました。

スケールを覚えればソロが弾ける、と言いますが。たくさんの教本、教則サイトなどを見てもいまいちスケールを覚えることの必要性がわかりません。
スケールを覚えたところで、どうソロ演奏に役立つというのでしょうか。
それがわからないと、どうにも覚える気になれません。

スケールってたくさんありますよね。
ドリアンとかミクソリディアンとかフリジアンとかハーモニックマイナーほにゃららなんとかなどなど。

これらのスケールをただやみくもに覚えてもソロ(アドリブ)は弾けません。


ソロ(アドリブ)を弾くには以下の三つのスケールを覚えれば十分です。
 
・メジャースケール
・メジャーペンタトニック
・マイナーペンタトニック

です。


僕は基本的にこの三つだけを駆使してソロ(アドリブ)を弾いています。


少し理論的な話になりますが、例えばドリアン的なコード進行っていうのがあります。
この時は、もちろんドリアンスケールを使うことになるのですが、実際弾く時は、あくまでもペンタトニック主体でフレーズを作って行きます。

そしてそこに、6thと9thの音を足してます。
なので結果的にドリアンスケールを使っていることになります。


僕は、ペンタトニックに何の音を足せばいいかというシンプルな考え方でやってます。
そして、今もその考え方でなんとかなってます。


つまり何が言いたいのかというと、ペンタトニックさえ覚えればソロは弾けるということです。


しかし、覚えただけではまだ弾けません。
よく、ソロ(アドリブ)を弾くことは言葉を話すことに例えられるのですが、「スケールを覚えた」というのは、日本語でいうと「あいうえおの五十音を覚えた」ことに過ぎません。

つまり、単語や接続詞などのボキャブラリーが無いと話すことが出来ないのです。


このボキャブラリー、音楽で言うと実際に使われているフレーズを意味します。

なので、スケールを覚えたらあとはひたすら自分の好きなギタリストのソロをコピーしてボキャブラリーを増やしていってください。


そのボキャブラリーを増やす時のポイントとしては、ペンタトニックでフレーズが構成されているものをコピーした方が応用の範囲が広くなって良いと思います。

僕のおすすめしているのは、「Charさん、ジェフ・ベック、ジミヘン、レイ・ボーン」などです。
彼らのフレーズはほとんど、メジャーとマイナーのペンタトニックを主体としています。

誰をコピーするかは、好みになってきますが、良かったら聴いてコピーしてみてください。


関連記事

・「誰でも弾ける3音からはじめるブルースアドリブソロ」
http://funky9th.seesaa.net/article/310425818.html


chordbook02
posted by masayoung at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 質問への回答
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112338318
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック