chordbook01

2009年02月06日

高いシールドを使うと音が良くなる?

さて、「How to play bass -初心者のためのベース講座-」に下のような質問を頂きました。

初めまして。こんにちは。
このようなサイトがあり、とても助かっております。

さて本題ですがベース弾き始めて三ヶ月になります。
知識もあまり無く、色々とインターネットで検索をかけてみたり
雑誌等から情報を得ようとしていますが、分からない所がありますので
回答して頂ければ幸いです。

ギターとアンプを繋ぐ「シールド」の音の良さは価格に比例するかどうか

「自分で買って試してみろよ」と声が聞こえてくるような気がしますが
経験を多く積んでいらっしゃる人に聞きたかったので書き込ませて頂きました。
よろしくお願い致します。

僕の考えでは、高いシールドを使うと音が変わると思います。
ただ、必ずしも音が良くなるとは言い切れません。

そもそも、
シールドというのは、ギターやベースから発せられた電気の信号をアンプに送る役割を持っています。

おそらく高いシールドは、その電気の信号を出来るだけ劣化させず、楽器が発した電気の信号を限りなく100パーセントそのままにアンプ送ることに力を注がれて作られたものだと思うのです。

つまり、高いシールドを使うことによって楽器本来の音をかなり高く再現してしまいます。

なので、楽器本来の電気信号が良くないととそれがそのままダイレクトに反映されてしまいます。

もちろん、この電気信号っていうものは、演奏者の腕も含まれます。それもダイレクトに反映されます。

ということで、僕は高いシールドを使うと音は変わると思いますが必ずしも良くなるとは思っていません。


さて、高いシールドについて色々と書きましたが、本当の所はシールドってどれを使ってもそんなに違いがはっきりわかるほど音は変わりません。


それに、電気信号を劣化させない高いシールドを使ったところで、一番劣化してしまう、シールドを挿すジャックの部分が汚れていたらまったく意味がなくなります。

百歩譲って、自分の楽器のジャックは丁寧に掃除していても、もう片方のライブハウス等のアンプであったり、DIなんかが汚れてたら信号が劣化してしまいます。

なので、僕はシールドはそこそこのもので良いと考えています。
おすすめは、スタンダードにカナレで十分だと思います。

シールドに高いお金をかけるよりは、ジャックを掃除したり、いい弦を使ったり、あまり使わないエフェクターを外した方が、電気信号の面から見てもよっぽどいい音に近づけるのではと思います。
chordbook02
タグ:機材の音質
posted by masayoung at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 質問への回答
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック