chordbook01

2009年02月10日

高知のジャズイベント「ウインタージャズ」に出演してきました

僕の住む高知では、ウインタージャズというジャズのお祭りがありまして、その日は様々な会場で様々なアーティストが出演します。

高知に帰って来て早や4年が経ち、そろそろウインタージャズに出てみたいなと思っていたところに出ませんかって話が来て出演が決まりました。

そもそも、僕はジャズプレイヤーではありません。でも、ジャズは好きですし、それっぽいことだったらなんとなく弾けます。

そんななんちゃってジャズプレイヤーが本物の人ばかりがでるイベントに出るのはなかなかの緊張感でした。


やっぱりジャズっていう音楽の歴史からなのか60歳とか超えたおじさんとかも結構いらっしゃって、まあ、このおじさん達のかっこいいことったらない訳ですよ。
 
ほんとにこのおじさん達は音楽めちゃめちゃ好きなんやろうなってことが、すごく伝わってくるんです。

ステージで輝いてますよ。

そこからは、どの音を弾くかとか、どんなタイミングで弾くかとかっていう細かいことを超えた何かが伝わってきました。

きっとそこに音楽の一番大切なことが詰まっているんじゃないか思います。

僕はまだまだだなってことを強く痛感させられました。

と、同時に「やっぱり音楽っていいやん」っていうすごくシンプルで原点みたいなものを感じた一夜でした。 chordbook02
posted by masayoung at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113997581
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック