chordbook01

2009年09月09日

速弾きが出来るようになる簡単な二つの練習フレーズ

速弾きは、ギタリストなら誰もが一度は憧れるものだと思います。

巷に出ている教則本なんかを見てみると早弾きが出来るようになるためのフレーズ集なんかがよく売られています。

しかし、最近、僕は結局はある二つのフレーズが速く弾けるようになれば速弾きが出来るようになるのではという仮説を考えました。

今回は、その二つのフレーズも紹介しつつ、早弾きについての僕の意見も書いていきたいと思います。

 
 
まず、今どっぷりと早弾きにハマッている方に伝えたいのは、
「早く弾くということは数ある音楽の表現方法の中の一つでしかない」
ということです。

その表現方法のひとつである速弾きだけが、ギターの演奏のすべてだとは思ってほしくはないのです。

しかも、速く弾けてすごいと思ってくれる相手はギタリストでしかないことがほとんどです。

ギターを弾かない一般のリスナーは、そんなことにはあまり興味がないのです。

良いギタリストと思われるためには、速く弾くということだけでなく、もっと広い視野で見て色んな音楽の表現方法をバランスよく身に付けることの方がより大切だと思います。


ということを十分理解した上で早弾きを習得することは、すごい武器になります。

では、本題の速弾きが出来るようになる簡単な二つの練習フレーズを紹介します。


一つ目
−−−−−−5−−−−−−−−−−−
−5−7−8−−−8−7−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−



二つ目

−5−−−−−5−−−−−−−−−−
−−−8−5−−−8−5−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−


これを毎日、オルタネイトピッキングでゆっくりのテンポから徐々に限界のテンポまで繰り返し弾いてください。


このフレーズだけでなぜ早弾きが出来るようになるかというと、

・同じ弦で3回弾いて弦が変わるパターン
・同じ弦で2回弾いて弦が変わるパターン

の2パターンで基本的にギターのフレーズは出来ています。

このパターンの要素がそれぞれ、一つ目、二つ目のフレーズに込められています。

もちろん、弦を1回弾いて次の弦に移動するスイープや、ポジションが移動するものなどはこの練習ではカバーできないので別途練習しなくてはなりません。

ですが、ほぼこの練習フレーズで基礎的な早弾きは習得できると思います。

早弾きに興味のある方は是非このフレーズを練習してみてください。

あと、以前の記事の「トレモロピッキングマラソン」と「トリルマラソン」もやってみるとバッチリです。


・速弾きオススメ教則本
    




chordbook02
posted by masayoung at 17:26 | Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽について
この記事へのコメント
大分前の記事にコメントすみません(汗
練習法、参考にさせて頂きます!

疑問があります
二番目の585585
5→5の部分は人差し指が連続すると思うのですが、練習の際は指を寝かせず順番に抑えたほうがいいのでしょうか?
Posted by raw at 2011年04月09日 01:57
5→5は寝かせて弾いた方が良いですよ。
Posted by 管理人 at 2011年04月09日 02:52
こんにちわ
初めてコメントさせてもらいます。

二つ目のフレーズなのですが一弦5フレットを弾くときダウンになったりアップになったりしますよね? この5フレットをダウンで弾くとき 次の2弦がアップになってインサイドピッキングになりますよね? インサイドピッキングをするときのコツみたいなものがあれば教えていただければありがたいです。

Posted by ぱんにゃ at 2011年10月13日 17:03
勉強になりました。
頑張って練習します。

Posted by ぽんたろー at 2013年01月26日 23:23
これすごいです!

30年速く弾けないギタリストでしたがほんとうに速くなりました。
Posted by やっさま at 2015年04月28日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127666149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック