chordbook01

2010年01月18日

やる気は才能を超える

少々遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

さて、今回はギターを弾いていく上での「やる気」について書いていこうと思います。

僕は「やる気」さえあれば元々ある音楽の才能を超えられると考えています。
 
 
ギターを上手く弾くための二つの才能」でも書きましたがギターを弾く上での才能は大きく分けて二つあります。

ギターを始めて間もない時は、この二つの才能の有る無しでスタートラインが変わるので上手下手がはっきりします。

例えば、同じ時期にギターを始めた友達のあいつは自分より全然うまいな、などということを感じている方もいるのではないでしょうか

ここで自分には才能がないとあきらめないで欲しいのです。

そこから何年後かに上手くなっているかどうかは、才能より「やる気」の方が重要だからです。

持って生まれた才能は難しいですが、「やる気」は自分次第でいくらでも生み出すことが出来ます。


ただ「天才ギタリストになる方法(後編)」でも書きましたがその「やる気」を努力と思って欲しくはない訳です。

楽しんでギターを弾いて下さい。


何回も言っていますが僕は元々音楽の才能はありませんでした。

しかし、とにかくギターが好きで毎日毎日何時間も弾いていました。

若い頃はどこへ行くにもギター持って出かけてました。

そして暇を見つけては弾いていました。


そんな時代があったので、今があるのだと感じています。

そしてそれは僕にとって努力ではなく、自然に湧き上がる「やる気」でした。


「have to」ではなく「want to」でギターを弾いていれば、必ず素晴らしい音楽人生が開けることをお約束致します。

chordbook02
posted by masayoung at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック