chordbook01

2010年01月26日

プロミュージシャンを目指すなら考えておきたいこと

今回は演奏のテクニック的なことではありません。

これからの時代の流れの中で考えておきたいことです。

プロミュージシャンを目指す方は是非読んでみてください。
 
 
まず、これからはCDがどんどん売れなくなる時代に入っていくと思います。

音楽のデータというはパソコンで簡単に保存できてしまいます。

なので、ダウンロード販売がどんどん一般的になるでしょう。


そしてこれだけパソコンが普及してくると音楽自体も一人で作成できる打ち込み主体のものが多くなってくると思います。

つまり、ネットとパソコンさえあれば一人で曲を作り、販売することが可能になってくる訳です。


ただ、そんな時代に向かっているからこそ生の良さがより際立ってくると思うのです。

生のライブの臨場感はデジタルなパソコンでは絶対に出せません。

つまりこれからはライブというものがとても重要な音楽の形になってきます。

良い演奏がライブで出来るかが問われてくる訳です。


じゃあ、ライブだけ頑張ればいいのか?
いや、それでは少し効率が悪くなってしまいます。


時代の流れを考えると、これからのプロミュージシャンは生のライブとネット、パソコンなどのデジタルな面を上手く融合させられるかどうかがポイントだと思います。

もちろん良い演奏は必須です。

それに加えて自分のバンドのサイトやブログ、ライブの動画配信、楽曲のダウンロード販売などのデジタルな面も勉強していくべきだと思います。


しかし、中心にあるのはあくまでもライブです。

デジタルなものはそこからお客さんを広げて行くためのツールです。

ライブが良くないとそのツールもほとんど意味を無くしてしまいます。

最初にCDは売れなくなると書きましたが、良いライブをしたあとは今でも結構売れてます。


これからの時代、ギターが弾けるという思いっきりアナログなことは貴重な技術だと思います。

デジタルな部分も意識しつつ、どんどん練習して次の世代のプロミュージシャンを目指してください。

chordbook02
posted by masayoung at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック