chordbook01

2012年01月08日

退屈な練習を楽しいと思える方法

このブログでよく言っていることがあります。

「楽しく弾いていればすぐに上手くなる」と。

これは真実ですが、退屈な練習をしないといけないのも事実です。

今回は退屈な練習でも「楽しくギターを弾く」ことについて書いていきたいと思います。


例えば、スポーツでも勉強でもなんでもいいのですが、続けていてある日突然「すべてがつながった」とか「急にうまく行きだした」みたいな経験ってないですか?

もし、あるという方はその時のことをよく思い出してみてください。

その瞬間からその物事が一気に楽しくなりませんでしたか?


ギターにもこの瞬間があるのです。


それは以前このブログでも書きました。

「ギターが急激に上達する瞬間と日々の練習の関係」
http://funky9th.seesaa.net/article/128821147.html


ギターは、

hirei.jpg


のような比例のグラフではなく、


shigumoido.jpg


のシグモイド曲線のように上達していきます。



ギターを弾くのが楽しくなるのは最初に起きるこの急激な上達を経験できるかどうかだと思います。

もし今、上手く弾けないことが楽しくない人はどうかそのポイントまでは頑張ってもらいたいです。

そして、そのポイントはギターを弾き続けていれば必ず誰にでも訪れると信じてください。


そういう意識で改めてギターを弾き続けてみると、弾くことが少しずつ楽しくなっていくと思います。





chordbook02
posted by masayoung at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245041124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。