chordbook01

2012年05月10日

Multiac Nylon EncoreをAURA SPECTRUM DIに通してライブしました

今回も機材についての話です。

Godin Multiac Nylon EncoreもAURA SPECTRUM DIも宅録した音はYoutubeなんかにもいくつかUPされています。

でも意外にライブで使ってますよっていうのは見つけれなかったのでご購入を考えている方の参考になればと思い書かせてもらいます。


まず、Godin Multiac Nylon Encore。

Multiac-Nylon-Encore.jpg


ボディの形からしてもそうなんですがPAなんかに通した時にハウりにくいです。

生の音は一般的なガットギターよりは小さいですが、十分な音量です。

でも、生音をマイクで拾ってのライブは難しいです。

やっぱりPAから出すことを目的に作られたんだなと思います。

個体差があるかもしれませんが僕のは5弦6弦の低音が強い傾向がありました。



次にAURA SPECTRUM DI。

fishman_proaurspca_2.jpg


これはアコースティックギター用プリアンプ/DIです。

特徴としてAuraイメージと言われる様々なギターを様々なマイクで録った音をモデリングできます。

その数、なんと7タイプ計128種類。(付属のソフトをPCにインストールすると更に増やせます)

Multiac Nylon Encoreと使う場合はNylonの13番を使っています。

EQも付いているのでここで強かった低音を少し削っています。

あと、Auraイメージのブレンド率ツマミがあるのですが、ギター一本でソロギターを弾く時くらいじゃないと12時以上は回せません。
アンサンブルに交じると芯のない音になってしまいます。

僕は11時くらいに設定しています。


ということで、Multiac Nylon EncoreをAURA SPECTRUM DIに通してやったライブ動画です。

まずはこちら

バンドアンサンブルでも埋もれないサウンドになっていると思います。





次にこちら

最初の手拍子の説明をしている時にギターのみで弾いているので、PAから出した感じが分かりやすいと思います。





どちらかの機材を買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。



ーーーーーーーーーーーーー2013/01/07追記ーーーーーーーーーーーー

レビュー動画を録りましたのでこちらも参考にしてください。

http://youtu.be/Nr45kiMjM8Y
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


chordbook02
posted by masayoung at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269326041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック