chordbook01

2006年11月14日

楽器とPCをつなぐ「オーディオインターフェイス」UA-3FX

カテゴリは「オススメ☆フリーソフト」ですが、フリーでも、ソフトでもありません。

しかしパソコンで音楽をするには、必要不可欠なモノです。

UA-3FX.jpg
 

how to make musicのBBSでも時々質問されるのが、パソコンとギター、ベースなどの繋ぎ方です。

僕が最初にやっていたのは、まずギターとエフェクターを繋ぎ、エフェクターからパソコンのLINE INに繋げる方法です。

その時のエフェクターからパソコンを繋いでいたケーブルはこんな感じです。

cable.jpg

ただ、この方法は問題が出やすいです。

僕の場合は、微かにですがデジタルなノイズがのりました。

それに、音の波形が中心からずれて録音されてしまいました。

波形が中心からずれるのはDCオフセットという機能でなんとかなりますが、ノイズがのるのは、どうしようもありません。

そもそも、普通に市販されているパソコンのオーディオカード(音を出したり、録ったりするモノ)は、とても貧弱です。なのでこんな問題が起こります。

そこで登場するのが、「オーディオインターフェイス」です。

僕の使っているのは初めに写真で紹介したUA-3FXというモノです。

これを使い始めてから、パソコンに直結で悩まされていた問題が一気に解決しました。

この「オーディオインターフェイス」というモノは、色んな機種があり、値段の方もピンからキリまでありますが、僕の使っているのは、色々な機能を求めないのであれば、値段も手頃でオススメです。

詳しくは→UA-3FX

新しく同じ価格帯で、UA-4FXというのも出てるみたいなので、コチラもチェックしてみてはいかがでしょか。
chordbook02
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27426691
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック