chordbook01

2006年12月02日

映画化された「手紙」読みました。

先日このブログでも読みますと書いた東野圭吾さんの「手紙」読みました。

内容は、
 

弟・直貴のためを思って兄・剛志は強盗殺人の罪を犯してしまう。

そして獄中からは月に一度手紙が届く。

「強盗殺人犯の弟」の運命を背負った直貴は、世間の差別を受けながら生きていくことに。

いつか罪は償われるのか。

人の絆とは何か。

犯罪加害者の家族を真正面から描かれた作品です。

感想はというと、

もし、自分が弟・直貴の立場だったらどうか、またその周りの人間だったらどうか。

考えさせられました。

オススメ度☆☆☆です。



今回は他にも僕が読んだ東野圭吾さんオススメ作品を紹介します。

「時生」

◆内容◆
不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。

どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。

過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

◆感想◆
なかなか泣かさせました。

オススメ度☆☆☆☆です。



「白夜行」

◆内容◆
1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。

容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。

被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。

二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。

息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。

◆感想◆
僕が東野圭吾さんのファンになった作品です。

特にラストが衝撃的です。

オススメ度☆☆☆☆☆です。

chordbook02
posted by masayoung at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28759150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック