chordbook01

2007年04月23日

最近、気付いた作曲テクニック。

今とてもやりたい事があります。

それは、自分がボーカルのバンドを作る事です。How to make musicにも書いていますが、僕は元々ヴォーカリストになりたくて音楽を始めました。

それに加えて歌詞を書くという面白さも、最近分かり始めて自分で自分の言葉で歌ってみたくなりました。
 

まず、最初の目標としてストリートでアコギを持って弾き語りをしようかと思っています。

それに向けて、人に聞かせれるくらいの歌唱力を付ける為、ただいま歌の練習中です。

曲も作っているのですが、ふと気付いた事があります。

それは音域についてです。

メロディーを思いつくのは、だいたい夜、寝る前が多いです。で、忘れないように録音しておくのですが当然、大きな声では歌えないのでオクターブ下げたりして、低く小さな声で歌います。

出来るメロディーは、ほとんどが断片です。

例えばこれはAメロとして使えるなと思って次の日に続きを作ります。その時にそのメロディーが欲している音域にKeyを変えて作らないと、歌が乗る曲として、いい曲にならない事が多いなと思います。

もし、そのAメロが本当はそこそこ高めの声の感じで歌うのがベストだとします。

しかし、低いまま作り続けていくとサビで結構高くなったりして、そのAメロを下げなければならなくなるからです。

インストなら成り立つのでしょうが、歌となるとそうは行きません。

シンガーソングライターの方はそんな事は常識なのかもしれませんが、自分が歌わないソングライター(僕みたいに)は、メロディーが持つ、声の音域を考えて作ってみると、さらに良い曲が書けるのではと思います。

-----
chordbook02
posted by masayoung at 00:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽について
この記事へのコメント
はじめまして。
時雨といいます。
私は作詞をしているものです。
曲聞かせてもらいました。
一発でとても気に入ってしまいました。
ボツのものでも構いません。
曲を提供してもらえませんか?
もしダメだったら、全然構わないのでメールください。でわ
Posted by 時雨 at 2007年05月10日 22:57
Posted by 優香 at 2007年07月14日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39706943
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック